メンタルヘルスマネジメント検定

img-1

メンタルヘルスマネジメント検定とは、大阪商工会議所のメンタルヘルス対策支援事業のひとつとして行われている検定試験です。
厚生労働省の「労働者の健康の保持増進のための指針」を受けて行われるようになりました。
会社などにおいて、職業に関わる強い不安感やストレス、そして悩みを持つ人々は増え続ける傾向にあります。

薬膳コーディネーター 受験資格について調べるなら、こちらをご覧ください。

それにともなって、休職する人や仕事を辞める人も増えています。


職業を持つ人々が、その力を発揮して活躍するために、心の健康管理を考えることが一層の重要さを増しているのです。
心の健康管理、つまりメンタルヘルスマネジメントには、働く人それぞれが自分自身の役割を自覚して、ストレスやその原因に対応することが重要です。

あなたに合った条件の朝日新聞デジタルについて知りたいならこのサイトです。

当然雇用側も、社会的な責任を果たして、人材を生かした労働生産性の維持や向上のために、雇われている人の心の健康管理に取り組む必要があります。メンタルヘルスマネジメント検定とは、仕事をしている人の心の不調を未然に防ぐことや、活力のある職場を目指して、職場でのそれぞれの役目に対応して、必要と思われるメンタルヘルスケアについての知識とテクニック、そして対応方法を学ぶためのものです。


企業の人事担当者や管理職についている人などを中心として、幅広い人々がこの検定試験を受けています。


メンタルヘルスマネジメント検定の内容としては、?種のマスターコース、人事労務担当者や管理職、経営者が対象で、会社内でのメンタルヘルス対策を推進するための検定試験・?種のラインケアコース、リーダーや管理監督者が対象で、部下のメンタルヘルスを推進するための検定試験・?種のセルフケアコース、一般社員や新入社員が対象で、自分自身のメンタルヘルス対策を行って推進するための検定試験・この3つに大別されます。
このうち、最も受験する人が多いのが、?種のラインケアコ−スの検定試験です。これらの検定試験を受けるのに、受験資格などは特に必要がありません。


必要性がある人なら、誰でも受験可能です。メンタルヘルスマネジメント検定とは、このストレス社会において、ますます重要度を増している検定試験です。



実際ここ10年程で、受験者数や導入する企業や団体なども増え続けています。現代の職業社会では、メンタルヘルスマネジメント検定の需要は増していくだろうと予想されます。

関連リンク

img-2
メンタルヘルスマネジメント検定について知りたい

企業における成果主義の激化などにより、ストレスを抱える人が増えています。ストレスの増大は個人にとってもつらい問題ですが、心の不調による休職や離職が広がることで、社会問題にもなっています。...

more
img-2
メンタルヘルスマネジメント検定とは受験資格は?

仕事や職場においてストレスを感じる人は増加しており、企業としても個人としても、持てる能力を最大限に活かし、生き生きとやり甲斐を感じながら仕事をするために心の健康管理は重要な課題になっています。メンタルヘルスマネジメント検定は大阪商工会議所が実施する産業精神保健に関する検定で、働く人の心の不調を未然に防ぎ、活力のある職場環境を整え、労働効率の向上を図るために、職場での役割に応じて心の健康に関する必要な知識や対処法を習得するためのものです。...

more
top